どのような方法で対策できるのか

詳しく見てみよう

まずは、シロアリがどのように住宅を浸食していくのか知ってください。
内部を侵食するパターンが多いので、一見何も異常が起こっていないように見える可能性があります。
しかし、柱や壁の内部に侵入して、傷つけているので注意しましょう。
中身が空洞のままでは、少しの衝撃で壊れるので平和な生活を送ることができなくなります。

インターネットなどを見れば、どこに注意してチェックすれば良いのか具体的に記載されています。
それでも理解できない部分が多いし、床をチェックするのはかなりの重労働になります。
手間を考えると、企業に任せた方が簡単に済みます。
シロアリ対策を受け付けている企業があるので、遠慮しないで困ったら相談してください。

床を確認しよう

床は、シロアリに侵食されやすい部分です。
踏んだ時に変な音がしたり、へこんだりした場合は中身が空洞になっている可能性が高いです。
少しでも疑わしい部分があったら、企業に依頼しましょう。
チェックを受けるだけなら、無料でしてくれるところもあります。
もし本当にシロアリがいて、床に被害が出ていた場合は本格的に依頼しましょう。

床に被害があったら、素材を補強するか交換することになります。
交換すると、価格が高くなるのでできれば費用のことを考えるなら補強にした方が良いです。
しかし、浸食されているレベルによっては交換しないといけないと言われることがあります。
スタッフに言われたら仕方がないので、意見に従って素材を交換しましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る